店舗所在地

大阪市中央区大手通1-2-1

大手三谷ビル2F

主な営業範囲

大阪市内24区(中央区・北区・西区・都島区・福島区・此花区・西区・港区・大正区・天王寺区・浪速区・西淀川区・淀川区・東淀川区・東成区・生野区・旭区・城東区・阿倍野区・住吉区・東住吉区・西成区・鶴見区・住之江区・平野区)など

訪問可能範囲

案件によって訪問致します。

吹田市、豊中市、箕面市、茨木市、高槻市、守口市、門真市、寝屋川市、枚方市、東大阪市、堺市など

営業時間

(月)~(金) 9:00~18:00

(土) 9:00~12:00

※第2、第4土曜は定休日となっております。ご了承下さい。

スマートフォンの方はこちら

スマホサイトQRコード

URL

http://www.21yodogawa.jp/s/

携帯サイトはこちら

携帯サイトQRコード

URL

http://www.21yodogawa.jp/m/

ブログはこちら

URL

http://ameblo.jp/21yodogawa-blog/

封筒印刷・オリジナル封筒制作

 封筒は、単なる印刷物ではなく企業成長の一助となる戦略的ツールであると考えています。封筒によって、制作・印刷コストとビジネス効果の両面を満足させるご提案をいたします。

オフィス用消耗品の効果と効率を求めて

コスト削減と効果アップのご提案

 オフィス用消耗品は、ネットでの受発注が一般的になってきましたが、封筒やレターセットなどは、ロゴタイプ・ロゴマーク・CIカラーなど「企業の顔」とも言うべき要素があり、デザインへのこだわるが要求されます。お客様のこだわりを生かしつつコスト削減が可能な封筒やレターセットをご提案いたします。また、単純なコスト削減志向だけでは封筒や名刺の効果を見落とす事になりますので、コスト削減と効果アップを考えたご提案をいたします。

コスト削減のポイント

 用紙の見直し:紙の厚さ・紙質の変更

 印刷の見直し:多色から単色(特色)へ・印刷方法の変更

 仕様の見直し:サイズの統一・サイズの変更

 製造の見直し:別製特製から既製品への変更

封筒

戦略的パートナーとしての封筒

 DMは戦略的ツールですが、お客様に封筒を開封していただかないと意味がありません。その為には、まず興味を持ってもらうことが大切です。目に留まらせる為の必要な要素は「視覚的要素」です。写真・イラスト・フルカラーなどデザイン性のあるものを使用することにより、開封率が高まり、結果的にレスポンス率も高まります。そういう意味でも封筒は、大切な戦略パートナーと言えるでしょう。

 企業イメージをどのように表すかといったデザインから、企業のイメージと共に手にした感触を心に残す素材、封筒の価値を決める形、納期・品質・コストを含めた印刷・加工、ついつい忘れがちになる適正在庫などの管理運用までオールサポートいたします。

実例はこちらから