店舗所在地

大阪市中央区大手通1-2-1

大手三谷ビル2F

主な営業範囲

大阪市内24区(中央区・北区・西区・都島区・福島区・此花区・西区・港区・大正区・天王寺区・浪速区・西淀川区・淀川区・東淀川区・東成区・生野区・旭区・城東区・阿倍野区・住吉区・東住吉区・西成区・鶴見区・住之江区・平野区)など

訪問可能範囲

案件によって訪問致します。

吹田市、豊中市、箕面市、茨木市、高槻市、守口市、門真市、寝屋川市、枚方市、東大阪市、堺市など

営業時間

(月)~(金) 9:00~18:00

(土) 9:00~12:00

※第2、第4土曜は定休日となっております。ご了承下さい。

スマートフォンの方はこちら

スマホサイトQRコード

URL

http://www.21yodogawa.jp/s/

携帯サイトはこちら

携帯サイトQRコード

URL

http://www.21yodogawa.jp/m/

ブログはこちら

URL

http://ameblo.jp/21yodogawa-blog/

Webコンテンツ・ホームページ制作について

 淀川工技社では、Webサイトを単に会社紹介にとどまらず、マーケティングツールやお客様との接点強化ツールとして活用できるよう、様々なご提案をさせていただきます。御社のホームページがもしかしたら、24時間働く営業マン、あるいは場所を取らないショールームになるかもしれません!

実例はこちらから

新規にホームページを作成するお手伝いを致します!

プランニング

 サイトコンセプト作成、サイト構成・サイトマップの企画、デザイン作成、原稿のリライト、写真撮影などホームページの原案を作成いたします。

オペレーティング

 共通部分のテンプレート制作、写真・画像など部品の制作、各ページのHTMLコーディングなど、公開用データを制作いたします。

動的コンテンツ

 CGI制作(アクセスカウンター、アクセスログ解析、アンケートやメール送信フォームなど)、Flash制作(オープニング映像やムービーコンテンツ)など、ホームページを公開するにあたり必要な作業を初期段階からサポートいたします。

更新・修正、バージョンアップのお手伝いを致します!

メンテナンス・バージョンアップ

 テキストや画像の修正・差し替え、追加、ページやメニュー項目の追加、階層の追加や変更もさせていただきます。

より効果的に運営していただくためのコンサルティング

 検索サイトへの登録やサーチエンジン最適化(SEO)、セキュア(SSL)にサイト運営するためのオールインワンサービスのご提案など、より効果的なツールとして運営するためのご提案をさせていただきます。

淀川工技社ならではのおすすめサービス

営業力のあるホームページ作成パック

 営業力のあるホームページを提供するソリューションです。

「営業力のあるホームページ作成パック」の詳細はこちら

さまざまなフォーマットに対応

 カタログやパンフレットをWeb配信する場合には、PDFやDjVu(デジャヴ)ファイルの制作など用途に合わせた幅広いフォーマットの制作を承っています。

データのマルチユース

 紙媒体に印刷するデータを用いて、Webでもご覧いただけるよう加工いたします。紙原稿をスキャンして、Webコンテンツ用に加工したり、Webコンテンツを紙に出力するサービスもご提供しております。

淀川工技社だからお任せいただけます!

SEO対策

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略称で、日本語では「検索エンジン最適化」と呼ばれます。具体的には自社サイトのページが検索エンジンの検索結果ページで上位(2ページ目以内)に表示されるよう、さまざまな方法でホームページを最適化する作業です。現在日本では、インターネットユーザーの実に、98%が情報収集を行う際に検索エンジンを使用しており、その中の85%以上のユーザーは1~2ページ目までしか見ていないと言われています。SEOの方法としては、大きく分けて「外的SEO」「内的SEO」の2種類があり、「営業力のあるホームページ作成パック」でも、メニューとしてご提供しています。

外的SEO

検索エンジンのロジックとして、「被リンク(他のホームページからリンクされている数)」が多いほど『優良なホームページである』と認識される傾向があります。その為、検索エンジンサイト(Yahoo、Googleなど)も含めて、外部からの被リンクを増加させることで上位表示の効果が見込めます。外部からのリンクを獲得するには、検索エンジンへの有料登録などの手法を用います。

内的SEO

ホームページを記述するHTMLタグやページの内容が適切であるほど、検索エンジンの上位に表示されやすくなるとされています。たとえば、そのページでメインに取り扱っている内容のキーワードが、ページ全体の文章の1~2割であると、そのページの記述は適切であると判断される傾向があるようです。このように、検索エンジンの傾向に沿った形でページ内容(HTML、文章)を最適化することで、上位表示の効果が期待できます。